ハートフル・コミュニケーション 晴れ着の丸昌 横浜店

  • TOP
  • 振袖用語集

振袖用語集

振袖の小物や文様の名前など、よく使われる用語を中心にご紹介いたします。

振袖・小物振袖・小物

名称 読み方 説明
振袖 ふりそで 振袖とは、袖の長い着物で、未婚女性の礼装着のことです。
袋帯 ふくろおび 袋帯とは、丸帯の代わりに礼装・略礼装用に作られた帯で、当初袋状に織られていました。長さが約4メートル20センチ以上と長く、変わり結びなどが楽しめます。
足袋 たび 足袋とは、和装の際に下駄や草履をはくため、親指側 と他の4本指の側に股が分かれている靴下のような履物のことです。
こはぜ こはぜ こはぜ とは、足袋の合わせ目(踵あたり)を留める爪型の金具のことです。
草履 ぞうり 草履とは、革・布・ビニールなどの小判型の台に、鼻緒をすげた伝統的な履物のことです。
腰紐 こしひも 腰紐とは、長襦袢や着物を着用する際に使用する細めの紐のことです。着付け方法や体型により使用する腰紐の数は異なります。
帯締め おびじめ 帯締めとは、帯が崩れないように、帯の上から抑える紐のことです。最近では、組みひもに飾り球を付けたものも増えています。結び方もさまざまで、振袖コーディネートの重要なアイテムとなっています。
帯揚げ おびあげ 帯揚げとは、帯を結ぶときに帯枕にかぶせ、前で帯の上端に収める飾り布のことです。絞り加工で柄を描いたり、刺しゅうや金彩加工をほどこしたものもあります。
伊達締め だてじめ 伊達締めとは、長襦袢や着物の上から巻き、着付けが緩んだりズレたりしないように押さえる太めの紐のことです。形状や素材はさまざまなタイプがあります。
長襦袢 ながじゅばん 長襦袢とは、肌着(肌襦袢/はだじゅばん)の上、着物の下に着用するもので、汗や垢などで着物が汚れるのを防ぐ役割をします。通常、着物の衿が汚れるのを防ぐための半衿(はんえり)を付けて使用します。
半衿 はんえり 半襟とは、長襦袢の衿の上に掛けるおしゃれと汚れ防止の衿のことです。白の塩瀬が主流ですが、振袖の場合は、衿元を華やかにする刺しゅう入りのものが人気です。
衿芯 えりしん 衿芯とは、衿の形が崩れないよう、半衿(はんえり)の中に入れてしんとする布のことです。三河木綿で作られた三河芯や、差し込み式のものもあります。
帯枕 おびまくら 帯枕とは、帯の形を整える道具のことです。
帯板 おびいた 帯板とは、帯を締めるとき、胴まわりにシワができないよう前に挟む板状の小道具のことです。
重ね衿 かさねえり 重ね衿とは、別名伊達衿(だてえり)とも言い長襦袢の襟と着物の襟の間に使う飾り襟のことです。着物の雰囲気や顔映りを左右する重要なコーディネートアイテムです。
肌着 はだぎ 肌着とは、素肌の上に着用するもので、肌襦袢(はだじゅばん)とも呼ばれます。長襦袢や着物に汗や汚れが付くのを防ぎます。ワンピースタイプのものや、セパレートタイプのものがあり、素材もさまざまです。
裾除け すそよけ 裾除けとは、腰に巻き付ける布のことで、着崩れを防ぎ、歩きやすくします。
コーリンベルト こーりんべると コーリンベルトとは、別名きものベルトとも呼ばれ、腰紐と同じ用途で、腰紐の代わりに使われます。伸縮性のあるゴム紐の両端にクリップがついており、クリップに着物を挟んで使います。
着物ストッキング きものすとっきんぐ 着物ストッキング、または和装ストッキングと呼ばれ、和装の際に着用する足先部分のないストッキングのことです。保温性があり、肌が見えるのを避け、裾さばきがしやすく歩きやすくなる効果もあります。

着物の部位着物の部位

名称 読み方 説明
袖丈 そでたけ 袖丈とは、袖山(前袖と後ろ袖の折り目の山)から袖下までの袖の長さをいいます。小振袖(袖丈85cm前後)、中振袖(袖丈100cm前後)、大振袖(袖丈115cm前後)があり、大振袖は主に成人式の式服として定着しています。
おはしょり おはしょり おはしょりとは、着物や長襦袢の丈を、腰のあたりでたくし上げ、腰紐で締めて着ますが、そのたくしあげた部分のことを指します。
たもと 袂とは、袖の下の袋のようになった部分のことです。
身八つ口 みやつくち 身八つ口とは、着物の身ごろの脇の開きのことです。
ゆき 裄とは、背中心から袖口までの幅で、肩幅と袖幅を足した幅のことです。
袖口 そでぐち 袖口とは、袖から手先を出すのに開いた部分のことです。
胴裏 どううら 胴裏とは、袷の着物や長襦袢の胴の部分につける裏地のことです。振袖の胴裏には、着物地になじむ白の羽二重が一般的です。
八掛 はっかけ 八掛とは、裾回しとも呼ばれる、袷の着物につける裏地のことです。裾や袖口から少し見えることもあります。一般的な振袖は無地のものですが、共布(表地と同じ布)をつけ、表地の柄を少し描く場合もあります。
上前 うわまえ 上前とは、襦袢や着物を着たときに外側に来る身頃のことです。通常、着物のメインになる柄が描かれています。
下前 したまえ 下前とは、襦袢や着物を着たときに内側に来る身頃のことです。
あわせ 袷とは、裏地を付けて仕立てた着物の総称です。1月の成人式で着用する振袖は、このタイプになります。

生地・文様・加工生地・文様・加工

名称 読み方 説明
正絹 しょうけん 正絹とは、混じりけのない絹糸、またはその織物を指します。本絹、純絹ともいいます。
地紋 じもん 地紋とは、生地に織り出した地模様のことです。
綸子 りんず 綸子とは、撚り(より)の少ない生糸を用いて経糸(たていと)で地を、緯糸(よこいと)で地紋を織り出した絹織物のことです。綸子は柔らかく滑らかで光沢があり、光の加減で美しい文様が見えるのが特徴です。
金駒刺繍 きんこまししゅう 金駒刺繍とは、刺繍針に通せない金糸を、木製の駒に巻き、それを転がしながら刺繍糸を下絵に沿ってはわせ、綴糸(とじいと)で留めていく技法のことです。
貝桶 かいおけ 貝桶とは、貝合わせの貝をいれる桶のことで、中世では嫁入り道具のひとつで縁起物とされており、現在も慶事用の文様として人気です。
手毬 てまり 手毬とは、日本に古くからある遊具のひとつですが、装飾された手毬文様は色彩が華やでかわいらしく、女の子の健やかな成長を願う意味を込めて振袖に使われることも多く、人気のある柄行です。
雪輪 ゆきわ 雪輪とは、雪の結晶を花のように美しい円形で表した文様のことです。清らかでめでたい冬の風物として親しまれた雪は、振袖をはじめ多くの着物や浴衣の柄に用いられています。
吉祥文様 きっしょうもんよう 吉祥文様とは、良い兆し、めでたいしるしを表した文様の総称です。松竹梅や、熨斗、宝尽くしなど、格調高く縁起が良いとして人気の文様です。
雲取り くもどり 雲取りとは、雲の形の曲線を図案化し、雲がたなびいている様を表した古典的な文様のひとつです。輪郭の中にさまざまな文様をあしらったり、空間を区切る方法としても用いられます。
ヱ霞 えがすみ ヱ霞とは、実際には形のない霞がたなびく様子を「ヱ」の字のように図案化した文様のことです。雲取りと同様に、ぼかしや模様の区切りなどとして使われることも多くあります。
松竹梅 しょうちくばい 松竹梅とは、冬の寒い時期にも変わらぬ緑を保つ松と竹、花を咲かせる梅が描かれた文様のことです。日本では古くからめでたい文様とされ、慶事に幅広く用いられます。
熨斗 のし 熨斗とは、もとは鮑を伸ばして儀式に用いた熨斗鮑のことで、慶事に進物や贈答品に添えるようになりました。それを図案化したものが熨斗柄で、細長い帯状のものを数本束ねた「束ね熨斗」として用いられる人気の柄行です。
御所車 ごしょぐるま 御所車とは、平安時代の貴族の乗り物のことで、源氏物語の世界を象徴するものとして「源氏車」とも言われます。御所の風景などと共に描かれ、華やかで風情ある雅な印象になります。
流水 りゅうすい 流水とは、いく筋もの曲線で水の流れを表した文様のことです。草花や風景を添えて描かれることも多く、着物や帯などにも広く使われています。
短冊文 たんざくもん 短冊文とは、和歌や俳句、絵などを書く細長い紙を文様化したもののことです。短冊の中に草花やあしらったものも多く見られます。
紗綾形 さやがた 紗綾形とは、卍(まんじ)を斜めにくずして連続文様にしたもので、「卍崩し」「卍繋ぎ」「雷文繋ぎ」とも呼ばれます。地紋にも多く用いられ、紗綾形に菊と蘭の文様を散らした綸子白生地の地紋を「本紋」と言います。
辻が花 つじがはな 辻が花とは、室町時から伝わる、絞り染めで模様を描き、描き絵をほどこした染めのことです。白、紫、藍、緑、を中心とした草花模様で、品格に満ちた古典柄と言えるでしょう。
宝尽くし たからづくし 宝尽くしとは、縁起のよいものとされる宝物をいくつか散らした文様のことです。中国の「八宝」を由来とし、打ち出の小槌や宝剣など、時代や地方によってモチーフが異なります。
道長取り みちながどり 道長取りとは、いくつかの色・柄の違う模様をちぎり貼り合わせたように曲線や折れ線で区切って置いた紋様のことです。藤原道長が好んだことから、この名がつけられたと言われています。

成人式準備マニュアル

2016年成人式